自己処理はできる?

VIOのムダ毛処理をしたいと思っても、他人に処理されることへの恥ずかしさから一歩踏み出せずにいる方は多いのではないでしょうか。それで、自分で何とか処理できないだろうか、とお考えの方も多いでしょう。

VIOの自己処理方法で一番多いのはカミソリでの処理でしょう。でも、これにはリスクが伴います。VIOはとてもデリケートなゾーン。腕やスネとちがって皮膚がとても薄いので、ちょっとした刺激で痛みや痒みが出やすいです。また、カミソリでは皮膚から上の部分のみしか処理できないので、毛がちょっと伸びただけで目につき、チクチクザラザラとして不快です。また、自己処理の方法としてピンセットで引き抜く方もおられるようです。でも、これは大変危険です。VIOは皮膚が薄いだけでなく、この付近の毛は毛根が深いところにあるので、とても痛いですしダメージも大きいのです。これは赤みや痒み、湿疹、かさぶたの原因になります。また、皮膚は強いダメージを受けると防護反応としてメラニンを生成します。それで、黒ずみの原因にもなってしまいます。

次いで脱毛クリーム。これは肌に合えば問題ないのですが、もしも合わないと、しばらく局所のヒリヒリに耐えながらの日々を過ごすことになります。家庭用の脱毛器で自己処理されている方もおられることでしょう。これは上記に挙げた方法に比べるとおすすめできますが、一時的であり、永久的な脱毛は不可能です。それに対し、レーザーでの医療脱毛はしっかりと永久脱毛ができ、皮膚に余計なダメージを与えることもないので大変おすすめできます。施術中はタオルなどを使い、露出を最小限にとどめてくれるので、恥ずかしいのではないかと心配する必要はないでしょう。